滋賀県湖西エリア・比良にあるアロマリラクゼーション&自然療法サロン「ひらのはなれ」店主の日誌

刺されてしまいました!いや、噛まれてしまいました。
ブトは皮膚を噛み切るそうですね。
何と両目わきを3箇所も!!
梅取りに熱中し過ぎて・・・
20170719111352795.jpg
7月初旬、貴重な梅を分けていただけると喜びいさんで
久多へ向かった時のことです。
小雨降る中で顔しか出ていない状況でした。
息子にはアロマの虫よけを!と言いつつ自分のガードは全くせず(T . T)
気づいたのは、ポイズンリムーバー*も追いつかないほど時間が経ってから。
これは確実に腫れるな!!と早速アロマで対策です。

ホホバオイル 10ml
ラベンダー
ティーツリー
ヘリクリサム
をブレンドして、擦りこみ擦りこみ。

そして、翌朝
お約束通り、パンパンに腫れてしまい
右目はほぼ開かず(T . T)
何をするにも見にくいし、全ての作業に支障が出っぱなし。
青梅は、待った無しで作業があるというのに・・・。
何とか梅シロップ仕込み終え
昨夜のブレンドオイルをさらに擦りこみ擦りこみ。

番茶湿布*も挟みこんで、
オイルを擦りこみ擦りこみ。
夕方には、腫れが少し引いてきました。

2日目も同じ繰り返し、
番茶湿布→オイルを擦りこみ擦りこみ
で、ずいぶん落ち着きました。

3日目に朝にはブトの噛み切った跡が、赤く点で残るだけに。
ここでオイルのブレンドを変えます。
ホホバオイル10 ml
ラベンダー
フランキンセンス
ヘリクリサム
跡をきれいに無くすためのブレンドです!
手足を刺されてもここまで必死になったことはないのですが、、、
顔はやはり目立ちますのでね。

1週間も過ぎた頃、何ごともなかったように
元に戻りました。
追熟していた梅たちも黄色く色づき
梅干し作業も完了。
一件落着。


*ポイズンリムーバー
蜂やアブ、蚊、毒虫などに刺された時、患部から毒を吸い出す道具。
アウトドアショップで販売されています。


*番茶湿布
濃いめに煮出した番茶(三年番茶が望ましいですが、あるものでよいです)に、天然塩をひとつまみ入れて
ガーゼかハンドタオルを浸して、絞り目の上に当てます。
熱いので火傷に注意!

ブトやムカデに噛まれた時は、直ぐにポイズンリムーバーで毒素を吸い出すか
45度くらいの熱めのお湯を3-5分患部にかけ続けると
浸透した毒素を変性させ、中和することができ、腫れにくく痒みが出にくいそうです。
ということもあり、遅ればせながら熱い湿布で痒み腫れがマシになるのではと
人体実験。
アロマのおかげもあり、痒みは全くなく過ごせました。

この湿布はものもらいの時によくしますが、
眼精疲労、近視、老眼、緑内障、充血、顔の麻痺症状などの軽減にも役立つそうです。
2017.07.17 / Top↑