滋賀県湖西エリア・比良にあるアロマリラクゼーション&自然療法サロン「ひらのはなれ」店主の日誌

さかのぼること、7月27日(月)20時半過ぎに
ムスコはこの世に生まれ出てきてくれました。

25日、予定日の夜に前駆陣痛。
一晩中眠れず朝を迎えました。

26日の昼過ぎから、
微弱ながらも等間隔で陣痛の波がやってきました。
夜になり、助産院に移動。
まだまだ子宮口が開いていないので、休んでくださいと
入院の部屋に通されるも
痛みで眠ることはできず。
一晩中、助産師さんとダンナサンが交替で
腰をさすってくれました。
この間、このお手当に相当助けられました!
やっぱり手の力は大きい!!
温かくて、心細さをふんわり包み込んでもらえました。

夜が明けても、痛みはどんどんキツく、時間は短くなるのに
一向に出てくる気配がありません。
腹を括って、今に集中!!
「今と言う今に今はなし」という言葉を
身をもって、心の中で何百回と唱えていました(笑)

何日の何時に生まれます。ってわかっていたらどんなに楽か。
何回も思いました。
いつどうなるのか、全くわからない。
さすがに、不安になったり、怖くなったり
こうなったら、ひと思いにお腹を切って欲しいと思ったり。
その間、助産師さんたちと母やダンナサンの温かい介抱と
励ましの言葉と、陣痛の合間の世間話とに支えられ
夕方まで乗り切ることができました。

よし、ここまで来たら頑張るしかない!
子宮口も半分近く開き、後ひと踏ん張り。
と思った矢先に、助産師さんが赤ちゃんの心音に異変を感じ
救急で近くの総合病院へ搬送されてしまいました。
最後は、吸引で無事に誕生。
30時間に近いお産を、あっけなく終えました。

ホッとしたのと、びっくりしたのと、生まれてきてくれた嬉しさとで
涙が止まらず(T . T)

そして、思い出した言葉。
「何が起きるかわからないのがお産」
「どんな形であっても
新たな命が誕生するお産は素晴らしい」

まずは無事に生まれて来てくれたことに感謝です。
そして、支えてくださったみなさまにも感謝です。
家族や友人、助産師さんはもちろん、
今回は病院という普段縁遠い、最新医療の存在にも。

結局、大きめさんだったこと
へその緒が長くて巻きついていたことが原因で、
長時間かかってしまったそうです。

30時間のお産に耐えられるくらい元気な子であり
母体も長時間乗り切ることができたのは
頑張って運動していた成果ですよという
助産師さんの言葉に救われました。

私にとって
言葉に表すには、時間がとてもかかる
簡単には言い尽くせない体験でした。

後から来る、感動と
大きな赤ちゃんを見て
お腹に入っていたんだなぁと
不思議に思う気持ちと
そして言い表せない愛しさと。
そんな気持ちのまま、過ごした3ヶ月でした。

生まれる瞬間はなかなか手こずりましたが、
思えば妊娠中は、特にトラブルもなく
産後も、よく飲み・よく出し・よく寝て・よく育つ
親孝行なムスコです。

気持ちがいいくらいに、すくすく育つムスコ。
腕の痛みを通り越し、腰の負担を感じるも
抱っこの時の体の使い方に気をつけるようにして
なんとか持ちこたえております。体力勝負の日々。
筋トレに励むとします!




2015.10.27 / Top↑