滋賀県湖西エリア・比良にあるアロマリラクゼーション&自然療法サロン「ひらのはなれ」店主の日誌

毎月第三日曜日に三井寺で開催されている
オーガニック&つながるマーケット・しが

野外寺子屋でお産のお話会へ行ってきました!
二年前には出店させて頂いたこともあったのですが、
去年から何かと身の周りの変化が大きく
最近はすっかりご無沙汰に>_<

久々の三井寺、雨予報も吹っ飛び、暑いくらいの快晴♪

お産のお話会パート1

滋賀県朽木の山奥で暮らしておられる
大好きなご家族、はるやさん。
四人のお子さんを自宅出産されたお産のお話会でした。↓
http://haruyanahibi.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/post-06b2.html

ここ最近の、前向きな情報のさらなる後押し!
と言わんばかりの内容で
何の根拠もないのですが、もう大丈夫!!と思わせてもらえる
内容でした。
中でも心に響いた言葉
「生きている手ごたえ」(ジブリ映画・かぐや姫の物語で出てくるセリフなのだそう)
妊娠した時から、頭の片隅にあった
命がけの大仕事。
大袈裟かもしれないけど、そう思ってきた自分の気持ちが
フッと軽くなったように思います。
お腹の中に宿った小さな命はすでに死に向かっていて
だけど、必死に今を生きて成長している事実。
産むということ
産まれてくるということ。
お産こそ、まさに生きている手ごたえを感じることができるのでは
と、はるやさんのお話に出てきました。
なるべくリラックスして、その感覚を味わいたいと思います。

小さ過ぎて、存在も認識しにくい間は
子供が出てきたら、あれも出来なくなるし
これも出来なくなるし
あそこへもなかなか行けなくなる・・・
出来なくなることばかりに目を向けてしまいがちでした。
20150628134547a33.jpg

ここまで来て、ようやくです。
新しい世界を見せてくれる存在なんだと気づけたのは。
こうして、ハッと色々教えられ少しずつ成長していけるのでしょうか。
産む瞬間も
出てきてからの生活も
今まで以上に
毎日が生きている手ごたえの連続になるのかもしれません。




2015.06.28 / Top↑