FC2ブログ

滋賀県湖西エリア・比良にあるアロマリラクゼーション&自然療法サロン「ひらのはなれ」店主の日誌

5月も末、梅雨っぽい湿度を感じる日も出てきましたね。
量子場調整をスタートさせて、夏至の日で1年。

たくさんの方にモニター体験していただき、
施術してこれたことに感謝です。
20200528093525ad1.jpeg
体験談もいただきつつ、全てご紹介できておらず、追い追いアップしていきますので
懲りずにご感想いただけるとありがたいです。

たまには自分の体験談も。。。

私には2人の子どもがおります。
1歳半ともうすぐ5歳の男の子たち。
まぁ、元気です!すごいパワーです!
が、まだ小さいので怪我はしないか
とか
咳してるな、鼻水出てきたぞ
とか
熱が出たら大丈夫かしら?
とか
心配が尽きない状態が続いておりました。
次男が生まれてからは×2倍の心配。

なんとかブレずに平然と見てやれないものか、と
常々感じながらも気になる日々。
頭では別人格であり、変わってやることもできないし
こちらの心配が余計に症状を増長することもわかってはいました。
これがなかなか腑に落ちない。
どうしたって心配してしまう。。。
状態でしたが、
量子場調整のトラウマを消去する術で
この思い込みを時々、調整してみました。

何度も申しますが、魔法ではないので、直ぐに!結果はついてこないのですが
ふと気づくと、全く気にならなくなって
何なら咳も鼻水も要らないものをしっかり外に出せてる!
発熱もウィルスをやっつけられる強い身体!と
捉えられるようになりました。

量子場調整の変化は、ふと気づくと。。なので
ゆっくりに感じるかもしれないですが
確実に変わります。

他人は変えられないけど、
自分が変わると、他人も変わってくる。

面白い感覚、ぜひ体験してみてくださいね(^O^)

2020.05.28 / Top↑
5月14日 滋賀県では「緊急事態宣言」がようやく解除されました。

コロナの収束も間近と信じたいですね。
イメージの力は偉大です!
これからの世の中を明るいものにしていくためにも
前向きに、ワクワクしながら過ごしていきましょう☆

もともと三密にはならない環境ですが、
今後も気をつけつつ、本日より通常営業でお待ちしております。

20200515103330baa.jpeg
2020.05.15 / Top↑
生きること

頭ではなくて
身体で感じる日々

祈りがきっと届くと信じて


色んな情報が飛び交う中
真実が何かを探ることにも疲れてきた
そして
気づいた

善悪、正解・不正解で判断する限り何も変わっていかないということ
どの側面からどう見て、どう感じて、どう捉えるか
人それぞれ
タイミングもあるし、立場もあるし、今いる場所によっても違うし
それぞれを認め合うこと
尊重すること
そこから、平和がひろがる

誰もが、今ここに集中して生きること
自分の中に平和を見ること
そこから、平和がひろがる

やっと腑に落ちた気がする

20200411081451c57.jpeg

2020.05.05 / Top↑
精油の効能をいくつかご紹介しますね。

ユーカリラジアタ
スッキリした香り グロブルスよりマイルドに作用するので使いやすい
抗菌作用 鎮咳作用 去痰作用 空気の浄化 免疫力を高める

ユーカリグロブルス
スッキリしたシャープな香り
抗菌作用 鎮咳作用 去痰作用 空気の浄化 免疫力を高める 集中力を高める
ラジアタより皮膚刺激が強いので、敏感肌の方にはおすすめしません

ユーカリレモン
柑橘、レモンのような香り
抗菌抗真菌作用 抗炎症作用 肩こり筋肉疲労に リラックス 虫除け

ラビンツァラ
清涼感のある香り
無人島に持って行きたい精油トップ3に入る!
優れた抗菌・抗ウィルス・抗炎症作用
心の不安を取り除いて鎮静させる作用
肩こり筋肉疲労に

ラベンダー
さわやかなフローラルな香り
万能精油と言われるほど、作用がたくさんあある精油
抗菌抗ウィルス作用 鎮静作用 抗炎症作用 血圧降下作用 安眠作用など

ペパーミント
スッキリしたメントールの香り
活力と元気を与えてくれる精油
鎮痛作用 抗菌抗真菌作用 抗炎症作用 消化促進作用 肝臓強壮作用など
*てんかん、妊娠中、赤ちゃんへの使用はお控えください

ローズマリーシネオール
抗菌抗真菌作用 抗感染作用
呼吸器系の不調 カタル症状、感染症をはじめ、消化器系の不調や疲労、衰弱にも有効

フランキンセンス
心に静けさをもたらす精油 瞑想などにも
鎮痛作用 抗菌作用 抗うつ作用 去痰作用 免疫活性作用 瘢痕形成促進作用(皮膚の再生を促します)

ローズウッド
バラのような甘みのあるほのかにウッディな香り
精神的に疲れて果てている時に、深い癒しとなる
免疫活性作用 抗不安作用 鎮痛作用 鎮静作用 抗菌抗ウィルス作用 強壮作用など


それぞれ、たくさんの働きがあります。
お気に入りの香りをお手元に!

量子場調整のクリスタライズという、波動液体に転写する技術を習ったのですが
今回は免疫力を高める波動を精油に転写してお渡ししますね☆
2020.04.11 / Top↑
202004110814503fa.jpeg
コロナ騒動が続きますね。
マスメディアの恐怖や不安を必要以上に煽る報道、あまり見ないようにしています。

杏林予防医学研究所の山田豊文所長がFacebookにアップされていた記事が
とても興味深いものでした。
以下、掲載させていただきます↓

『新型コロナウイルスによる肺炎を防ぐ最善の方法』

 今回は、新型コロナウイルス対策に関する第3報として発信するものです。因みに、第1報は『新型コロナ対策の決め手は気道表面の線毛運動』でした。そして第2報は『新型コロナ・パニックに打ち勝つために』でした。これらで述べてきたことを一言で言うならば、気道粘膜上皮におけるウイルス排除能力を増進させることでした。さて今回は、気道におけるウイルス排除が上手くいかなかった場合の対策について述べてみようと思っています。

 入ってきたウイルスを、粘液と線毛によって追い出すことができるのは、いわゆる上気道と呼ばれる部分と、下気道と呼ばれる部分だけです。それよりも奥まった部分は、終末細気管支、呼吸細気管支、肺胞道、肺胞と呼ばれる組織になりますが、これらの内表面には線毛が存在しません。では、この奥まった部分にまでウイルスが入ってきた場合、体はどのようにしてウイルスに対抗するのでしょうか。

 呼吸という動作によって換気することを主な仕事にしている肺胞の内表面は、粘液も少ないため、ここまでウイルスが到達してしまうと、比較的容易にウイルスに定着および侵入されることになります。ウイルスに侵入された細胞は、周囲をパトロールしているマクロファージに食べられて処分されますので、この処分および修復能力がウイルスの増殖速度を上回っていれば、殆ど無症状で終わってしまいます。

 一方で、ウイルス感染細胞が最初にマクロファージに食べられた時から、体内の免疫システムが動き出します。何時間か経てば、新型コロナウイルス専用の抗体が作られ、血液を通じて現場に運ばれます。抗体が次々と運ばれてウイルスに貼り付くと、ウイルスは身動きが取れなくなることと、肺胞内に出てきた好中球などの食細胞がそれを直接食べることができるようになります。この段階は、体の免疫システムがフルに稼働している状態ですから、少々の発熱があるかも知れませんが、それ以上の症状は出ず、重症化はしません。免疫力が低下していない健常人であれば、進行してもこのあたりまでだということです。

 しかし、もともと気道が汚れていてウイルスを追い出すことが出来なかった人は、肺胞の中も既に戦場と化しているのです。肺にいるマクロファージは、日頃から吸い続けられてきたPM2.5などの異物を食べる作業で手一杯です。また、細菌などの生物系の異物を食べ続けている好中球も手一杯です。そのような戦場に、新たに新型コロナウイルスが舞い込んで来ることになります。

 最大の悲劇は、好中球などの食細胞が、食べたものを殺菌する時に用いる活性酸素種(ROS;Reactive Oxygen Specie)が、肺胞内に多量にバラ撒かれることです。活性酸素種が肺胞内にバラ撒かれると、肺胞内は換気されるのでダメージは比較的少なくて済みますが、最も大きなダメージを被るのは、肺の間質組織です。そのために間質性肺炎と呼ばれる種類の肺炎を起こすことになります。

 さて、活性酸素種による間質性肺炎を防ぐための最も効果的な方法は何でしょうか…? 掲載した図をよく見ていただいて、活性酸素種が発生する部位や、それが移動する方向に注意していただきたいのです。図を見て解るように、活性酸素種は、血管の方から肺胞内へと移動しているのではありません。その逆です。肺胞内から血管の方に移動しているのです。それは当たり前のことであって、肺胞内で活性酸素種が生じるからです。

 それならば、この活性酸素種の害を防ぐための最も有効な方法を探ればよいのであって、その方法は自ずと決まってきます。即ち、肺胞内に生じた活性酸素種を、その場で速やかに消去してやればよい、という結論に達するわけです。

 具体的には、強力な抗酸化能を持っている植物精油成分を含んだ空気を吸えばよいのです。植物精油成分とは、フィトンチッドとも呼ばれているものです。今日は、具体的な物質名や抗酸化能を掲載することはしませんが、おおよそ、どのような精油成分も、強力な抗酸化能を持っていると考えて間違いありません。植物たちは、自ら酸素を作り出しますから、その過程で生じる各種の活性酸素種による被害を、自らで防ぐ手立てを持ち備えているのです。そして、森で進化した人類は、その恩恵を受けることを前提として進化してきたということになります。

 なお、食事やサプリメントを通じて、口から入る各種の抗酸化成分も体内において相乗効果を示しますから勿論大切ですし、それと共にその反対のたばこを吸う、農薬や食品添加物、トランス脂肪酸、各種の医薬品など活性酸素を発生させる要因を入れない事も同じく大切です。

 巷では、感染経路を遮断することや、治療するための医薬品については大いに話題にしますが、最も有効で、最も自然な治療法については話題にしません。上述したような方法を思い付かないのか、思い付いたとしても利益にならないために隠すのでしょうか…。気候も良くなり、花粉も少なくなってきましたので、ぜひ森に入り瞑想や深呼吸をしてください。


以上、参考までに。
精油の在庫もありますので、活用したいと言う方はご一報ください。

ユーカリラジアタ 900円
ユーカリグロブルス 800
ユーカリレモン 850
ラビンツァラ 1300
ラベンダー 1300
ペパーミント 1200
ローズマリーシネオール 850
フランキンセンス 2100
ローズウッド 2200
など

フロリハナといオーガニック精油メーカーのものになります。
各5g 税別表記となります。
送料ご負担いただけたら、郵送も承ります(定形外郵便で発送します)
2020.04.11 / Top↑